結婚指輪から見える今の挙式スタイル

洋式が主流になりつつある

家でも何でもそうですが、多くの場面で様式が主流になりつつあります。そもそも結婚指輪の文化は日本発祥ではなく西洋の文化なので洋式の結婚式はむしろ自然なことだと言えます。
日本は和の国なので、和式の結婚式が主流かと思いきや今は洋式を選択する方がほとんどです。
人気の秘訣は、多くの方が一緒に盛り上がれるという部分にあります。和式の場合は静かな空気で着々と行われますが、洋式はドラマ性があり、時にはサプライズもあるので盛り上がります。結婚式に盛り上がりは重要なのかという疑問は尽きませんが、せっかく貴重な時間を割いて来ているので参加者に対する配慮も必要です。テレビドラマで放映される結婚式もほとんど洋式で、結婚式=洋式と認識する方が多くなりました。

シンプルな結婚式になる

バブルの時期は高額な結婚指輪、そして大掛かりな結婚式が当たり前でしたがバブルが崩壊して景気が低迷すると同時に結婚指輪にかけるお金も低くなってきました。
結婚指輪だけでなく、結婚式の様子も随分変わってきました。大人数が参加する結婚式ではなく、少人数もしくは親近者のみで行う結婚式の件数が多くなってきました。人との付き合いが疎遠になっていたり、プライベートを尊重するという風潮が結婚式を小さくしています。
小規模な結婚式は、費用が少ないのでお金のやりくりに苦労している方にとっては最良の方法です。昔お金の問題で結婚式ができなかった夫婦が改めて結婚式を行う場合、そして再婚の場合もコンパクトな結婚式に人気が集まります。

ブライダルリングとは結婚したカップルが左手の薬指につけるペアリングのことです。美しさを末永く保てるという理由から、ダイヤモンドの装飾が付いたものや、プラチナ素材のものが一般的です。